ニキビ 化粧品  原因 乾燥 対策

MENU

ニキビの原因は乾燥

ニキビの原因、というと、過剰に分泌している皮脂であるとイメージしてしまう方が多いでしょう。
確かに皮脂が多く、これが毛穴に詰まればアクネ菌の餌となり、ニキビが発生する原因になり得ます。
ですが、実はその前に注目しておきたいのが、お肌の乾燥なのです。

 

乾燥により皮脂量増加!

お肌が乾燥すれば皮脂も減るのではないか、と考える方もいますが、これは間違いです。
なぜなら、お肌が乾燥する原因は潤い、つまり水分が不足することにあります。
これに対して皮脂は油であり、水分と油分とで、全く性質が異なるものなのですね。

 

それどころか、水分量が不足するとお肌は危機的状況を察知し、これ以上水分を逃すまいと、皮脂を過剰分泌してしまいます。
これが原因で毛穴が詰まり、ニキビが起こりやすくなってしまうのです。
つまり、しっかり保湿して乾燥を防ぐことが、ニキビ予防の第一歩につながるというわけですね。

 

乾燥でバリア機能低下!

もう1つ、お肌が乾燥するとニキビが起こりやすくなると言われる理由があります。
それは、バリア機能の低下です。
肌が乾燥すると、肌表面を外的刺激から守るバリア機能がうまく働かなくなってきます。

 

このバリア機能が弱まってしまうことにより、肌の表面からアクネ菌が侵入しやすい状態になり、その結果、ニキビ悩みを発生しやすくなってしまうというわけです。

 

保湿に着目したケアで対策!

ニキビケアというと皮脂を取り除くことばかりに着目してしまいがちですが、1度視点を変えて、水分を与えるということを考えたスキンケアを行いましょう。
保湿に着目したスキンケアを実践していくことで、お肌が内部からしっかりと整い、ニキビができにくい健やかな状態に導かれていきます。

 

ニキビケア用の化粧品の中には、強い刺激を与えてでも、とにかく余分なものを取り除こうとするものがあります。
ですが、刺激を与えるとかえって乾燥が激化し、逆効果になる恐れもあります。
優しく保湿しながら炎症を抑える効果のあるニキビケアコスメをセレクトし、丁寧な保湿ケアを心がけていくことで、ニキビ肌を根本的な部分から改善していきましょう。

 

この乾燥のケアがニキビに役立つというのは、大人ニキビ、思春期ニキビ共通のことです。
どんなニキビでも、根本的な解決を目指すなら、ケアの基本は保湿!
そう考えて、丁寧な保湿ケアを実践していきましょう。

関連ページ

ニキビの原因はホルモンバランス
ニキビの原因というのは、肌の表面だけで考えられるものではありません。体の内側の状態もお肌の状態に反映されてしまうので、そういった点まで考えたケアが重要になります。特に大きな影響を与えていると言われているのが、ホルモンバランスの乱れです。
ニキビの原因はお肌の汚れ
ニキビの大きな原因と言えば、お肌の汚れですよね。皮脂が毛穴に詰まる、というのもそうですが、他にも、例えば落としきれなかったメイク、古い角質なども、汚れになってしまいます。これらをすっきり解消することが、ニキビケアの第一歩になるのです。
ニキビの原因は生活習慣
ニキビには、身体の中の状態も大きく反映されています。そのため、ニキビ悩みを根本から解決したいなら、生活習慣を整えて身体を健やかにすることもスキンケアと同じくらい、あるいはそれ以上に大切なのです。