ニキビ 化粧品 スキンケア ゴシゴシ洗い

MENU

ゴシゴシ洗いで汚れスッキリ!?

ニキビの大きな原因になるのが、毛穴に詰まった汚れやお肌の表面の古い角質です。
そこで、これらの原因を取り除こうと、必死で洗う人がいます。
ゴシゴシ洗うと汚れがスッキリ落ちて良い感じのお肌になった、なんて喜んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこれ、ニキビ改善には逆効果になる恐れがあるのです。

 

ゴシゴシ洗いでお肌は傷だらけ!

クレンジングや洗顔料をお肌につけて、ゴシゴシと力いっぱいこするということを行うと、肌表面にたくさんの傷をつけてしまいます。
傷がつけば、そこから雑菌が増殖しやすくなり、これがニキビを悪化させる原因になることもあります。「特にニキビがある部分は重点的にゴシゴシ・・・」なんてケアはご法度です!

 

このようなゴシゴシ洗いは、ニキビの原因になるだけでなく、シワやたるみといったエイジング悩みを引き起こす原因にもなるのです。しかも、実はこの方法、落とせている汚れというのはお肌の表面だけで、肝心の毛穴に詰まった汚れなどは落ちていません。
これでは、ニキビケアに無意味になってしまいますね。

 

これらのケアは、とにかく優しい力で、お肌に極力触れないくらいの気持ちで行うようにしましょう。

 

クレンジングや洗顔の量も大事!

クレンジングや洗顔を行う際には、これらの量にも着目してみてください。
特にクレンジングは、量が少ないと、お肌に乗せて馴染ませる際にこすってしまいます。
スルスルとよく滑るくらいのたっぷりの量を使用してクレンジングをしていきましょう。

 

それから、洗顔に関しても泡が少ないと、手が肌に触れて摩擦してしまいます。
キメの細かいたっぷりの弾力泡を転がすようにして洗うことが理想なので、そのためにはたっぷり目の量が必要になります。
ケチケチせずに、ここはたっぷりと使用していきましょう。

 

ゴシゴシタオルも禁止です!

ゴシゴシ洗いがお肌に負担になる、ということはなんとなく知っていても、洗った後には油断して、ついタオルでゴシゴシ拭いているという人もいるのではないでしょうか?
硬いタオルでゴシゴシこすって拭き取れば、これは手の平でゴシゴシこするよりも強い刺激になってしまいます。

 

洗いあがった後のお肌の水分は、柔らかく吸水性に優れたタオルで、そっと押さえるようにして拭き取ってください。
決してこすってはいけません。
押さえるだけでも、充分に水分は拭き取れます。

 

それから、この時に使用するタオルも、清潔なものを選びましょう。
不潔なタオルを使用すると、雑菌が多いため、ニキビが悪化する恐れがあります。

関連ページ

ニキビは潰したほうが早く治る!?
ニキビができたら、「早く治したいから潰しちゃえ!」と考える方もいるでしょう。確かに芯があったり、脂肪が中に入っているようなニキビは、潰したくなってしまいますよね。ですが、安易に自己判断で潰してしまうことには、大きな危険を伴うのです。
ニキビができたらとりあえずメイクで隠す!?
ニキビができてしまったら、とりあえず隠すことを考える人が少なくありません。ですが、こうして必死に隠したことが原因で、ニキビの治癒が遅れ、その結果、ニキビ跡が残ってしまうということもあるのです。
皮脂はニキビの敵だから徹底的に取り除く!?
特にニキビに悩まされるお肌にとって、皮脂は大敵です。これが過剰に分泌されるために、毛穴が詰まり、ニキビが起こりやすくなるのです。では、そんな皮脂は徹底的に取り除いてしまえば良いのでしょうか?