ニキビ 化粧品 スキンケア 潰す

MENU

ニキビは潰したほうが早く治る!?

ニキビができたら、「早く治したいから潰しちゃえ!」と考える方もいるでしょう。
これは本当に正しいケア方法なのでしょうか?
確かに芯があったり、脂肪が中に入っているようなニキビは、潰したくなってしまいますよね。
ですが、安易に自己判断で潰してしまうことには、大きな危険を伴うのです。

 

潰すことで炎症が悪化するかも!

ニキビを潰す際には、どのような方法で行うでしょうか?
多くの場合、爪や毛抜き、針など、身近なものを使って気軽に潰してしまっているでしょう。
ですが、その潰す際に使用する道具や手は、しっかり消毒しているでしょうか?
潰す前のニキビも消毒しているでしょうか?

 

こういったことを怠り、気軽に潰してしまうために、かえって潰した部分に雑菌が侵入し、深刻な炎症に発展してしまうことがあるのです。
炎症が悪化すれば、治癒しにくくなるばかりでなく、ニキビの根が深くなり、取り返しのつかないニキビ跡を残してしまうこともあります。
そのため、素人判断でニキビを潰すというのは、絶対に避けるべきなのです。

 

潰した方が良いニキビもある

そうはいっても、芯や脂肪があるようなニキビの場合、ただ化粧品や塗り薬でのケアをしていてもなかなか改善しませんよね。
こういったニキビは、芯や脂肪を取り除いた方が早くキレイに治癒するのは事実です。
ですが、だからといって荒療治を自分で実行してはいけません。

 

もしこういった潰したほうが良さそうなニキビがあるのであれば、皮膚科を受診し、きちんと医療機関で芯や脂肪を取り除いてもらいましょう。
医療機関では前後の処置もきちんとしているので、悪化の恐れがほとんどなく、安心です。

 

家庭でできるのは「防ぐケア」

芯や脂肪があるニキビができてしまっても、自己判断で潰すのは危険、となると、家庭ではどのようなケアができるのでしょうか?
これは「防ぐケア」を徹底するに限るでしょう。

 

できるだけお肌を健やかに保つためにスキンケアを徹底し、ニキビ自体を予防します。
そしてニキビができてしまった時には、優秀なニキビケアコスメを使用して、これの悪化を防ぎ、早期の治癒を目指します。そうして、潰さなければならないようなニキビに発展するのを防ぐというわけです。

 

ニキビは皮膚の病気ですから、安易な気持ちで荒療治を実践することのないよう、気を付けましょう。

関連ページ

ゴシゴシ洗いで汚れスッキリ!?
毛穴に詰まった汚れやお肌の表面の古い角質を取り除こうと、必死で洗う人がいます。 ゴシゴシ洗うと汚れがスッキリ落ちて良い感じのお肌になった、なんて喜んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこれ、ニキビ改善には逆効果になる恐れがあるのです。
ニキビができたらとりあえずメイクで隠す!?
ニキビができてしまったら、とりあえず隠すことを考える人が少なくありません。ですが、こうして必死に隠したことが原因で、ニキビの治癒が遅れ、その結果、ニキビ跡が残ってしまうということもあるのです。
皮脂はニキビの敵だから徹底的に取り除く!?
特にニキビに悩まされるお肌にとって、皮脂は大敵です。これが過剰に分泌されるために、毛穴が詰まり、ニキビが起こりやすくなるのです。では、そんな皮脂は徹底的に取り除いてしまえば良いのでしょうか?