ニキビ 化粧品 ニキビ跡 対策 美白成分

MENU

ニキビ跡まで対策! | ニキビ跡には美白成分が有効!

ニキビ自体は治ったのに、跡だけが残っているという場合には、ニキビ用のスキンケアコスメから、美白ケア用の化粧品に切り替えてみるのも1つの方法です。ニキビ跡はシミなどと同じ、色素沈着となっているものが大半なので、これには美白ケアコスメが高い効果を発揮してくれます。

 

ただし、これは赤みや色素沈着によるニキビ跡に対してのみ有効な方法であり、クレーター状のニキビ跡にはあまり効果が期待できません。

 

ビタミンC誘導体は有効!

特にニキビ跡対策に役立つ成分として知られているのが、ビタミンC誘導体です。この成分はお肌の赤みなどを改善して、白く美しいお肌に導いてくれる働きがあります。ビタミンCがお肌に良いことはよく知られていますが、これをそのままお肌に塗布しても、うまく浸透することができません。それを、お肌に浸透しやすく、効果が発揮されやすい状態にしたのがビタミンC誘導体なのです。

 

つまり、レモンやキュウリを直接お肌に貼るようなパックとは違い、しっかり肌の内側に働きかける効果が期待できる成分であるというわけですね。美白ケアができる基礎化粧品などの中には、この成分が配合されてあるものも多いので、チェックしてみると良いでしょう。

美白成分は刺激になることもある!

ニキビ跡のケアには、美白化粧品が有効であることは確かです。ですが、1つ気を付けなければならない点があります。それは、美白に役立つ成分の中には、お肌に刺激を感じやすいものもあるという点です。

 

例えばお肌の漂白成分としても知られるハイドロキノンですが、これは作用が強い分、刺激も感じやすいということで知られています。ニキビを繰り返してきたお肌は、敏感に傾いている可能性もありますので、これには十分に注意したいですね。ハイドロキノンがダメということはありませんが、まずは少量、目立たない部分で試して、お肌との相性をチェックしてから使用するようにしましょう。

内側からケアしてみても!

美白というのは、肌表面から塗布する化粧品による方法だけに限りませんよね。口にする食べ物の中にも、美白効果を促進してくれるものがあります。例えばβカロテンなどは、美白効果が高いと言われていますので、積極的に摂取したいですね。ニンジンなどを食生活で摂りいれてみると良いでしょう。

 

他にも、リコピンが豊富なトマトなども美白効果が高い野菜の1つです。こういった食べ物を食卓に取り入れていくことで、内側と外側の両面からケアをしていくと、ニキビ跡が効率的に改善できますね。

関連ページ

ニキビ跡を予防するために
ニキビ自体も頑固な肌悩みではありますが、これが跡を残してしまうと、ますます頑固で、簡単には改善されなくなってしまいます。そこで、大切になってくるのがニキビ跡の予防ですね。ニキビ跡などできないように、しっかりニキビをケアしていきましょう!
ターンオーバーの促進が大事!
ニキビ跡をできるだけ早く改善するためには、ターンオーバーを促進していくことが重要です。ニキビ肌の方は、このサイクルが乱れている可能性大なので、しっかり新しい肌への生まれかわりを促してあげましょう。
ニキビ跡はどのタイプ!?
ニキビ跡を改善したいのなら、自分自身のお肌にあるニキビ跡が、どんなタイプのものなのかを理解していくことも大切です。主な種類としては、3つのものが挙げられますので、当てはまるタイプを探ってみましょう。