ニキビ 化粧品 ニキビ跡 対策 タイプ

MENU

ニキビ跡まで対策! | ニキビ跡はどのタイプ!?

ニキビ跡を改善したいのなら、自分自身のお肌にあるニキビ跡が、どんなタイプのものなのかを理解していくことも大切です。一口にニキビ跡と言っても種類があり、その種類によって対策も違ってきます。主な種類としては、3つのものが挙げられますので、当てはまるタイプを探ってみましょう。

 

赤みのあるニキビ跡

ニキビの炎症が治癒したと思っても、その部分の赤みが簡単には消えないということがありますよね。膨らみなどは一切なく、ただ赤いものだけが残っているという感じです。これは、ニキビ跡の中では最も軽度なもので、完全に消すことも可能です。

 

この赤みが起こるのは、お肌の内側にある毛細血管によるものです。傷を治癒させるために毛細血管が拡張し、これが肌表面から赤く透けて見えてしまうというわけです。対策などは特別なことをする必要はなく、しばらく期間を置けば薄くなっていくものが大半ですね。

色素沈着によるニキビ跡

ニキビがあった部分に、茶色っぽいシミが残ってしまうことがあります。これは色素沈着を起こしてしまった状態で、お肌の内側でメラニン色素が生成されています。そのため、一般的なシミと同じく、簡単には消えてくれないのが困ったところです。

 

ターンオーバーを促進するためのスキンケアを実践したり、美白化粧品でシミ同様の対策を行うことで改善を図りましょう。薄くなる効果は実感できる場合が多いですが、完全に消すのが難しい、根の深いものもあります。このような事態にならないために、予防していくということが最も重要ですね。

クレーター状のニキビ跡

ニキビの症状が悪化し、ひどい炎症を起こしてしまうと、アクネ菌は周辺の組織を破壊し、どんどん増殖していきます。これが肌表面だけではなく、肌の奥深くにある真皮と言われるところまで来てしまうと、ニキビの炎症自体が治癒しても、クレーター状になってしまうという現象が起こります。まるで月の表面にあるクレーターのように、デコボコとした肌状態になってしまうというわけですね。

 

実はお肌のターンオーバーというのは、真皮層よりも上の部分で起こっているものであり、つまり真皮に受けたダメージはターンオーバーで修復することが難しいと言われています。そのため、クレーター状のニキビ跡に関しては、セルフケアでの完治は困難です。最近ではレーザー治療などが発達し、目立たなくさせることは可能になってきていますので、専門のクリニックに相談してみましょう。

関連ページ

ニキビ跡を予防するために
ニキビ自体も頑固な肌悩みではありますが、これが跡を残してしまうと、ますます頑固で、簡単には改善されなくなってしまいます。そこで、大切になってくるのがニキビ跡の予防ですね。ニキビ跡などできないように、しっかりニキビをケアしていきましょう!
ニキビ跡には美白成分が有効!
ニキビ跡だけが残っているという場合には、ニキビ用のスキンケアコスメから、美白ケア用の化粧品に切り替えてみるのも1つの方法です。ニキビ跡はシミなどと同じ、色素沈着となっているものが大半なので、美白ケアコスメが高い効果を発揮してくれます。
ターンオーバーの促進が大事!
ニキビ跡をできるだけ早く改善するためには、ターンオーバーを促進していくことが重要です。ニキビ肌の方は、このサイクルが乱れている可能性大なので、しっかり新しい肌への生まれかわりを促してあげましょう。